成長ホルモンと豊胸 バストケア.com

スポンサードリンク

成長ホルモンと豊胸

成長ホルモン(human growth hormone,HGH)がバストの大きさに関係があるとされています。女性は、ある年齢になるとバストの乳腺のなかにラクトゲン受容体ができあがり、それが成熟したときに成長ホルモンが作用するとバストが大きくなるといわれています。



ラクトゲン受容体は、成熟する年齢には個人差があり、通常15歳前後といわれていますが、10歳前後で成熟する人もいれば、30歳頃の人も、そして、中には、一生できない人もいるようです。



成長ホルモンが分泌されるピークは、13〜17歳で、以後減少に向かいます。したがって、13歳までにラクトゲン受容体が成熟していると、その後の数年でたくさんの成長ホルモンが作用して、バストが大きくなります。



バストが小さくて悩んでいる人の多くは、ラクトゲン受容体があっても17歳までにラクトゲン受容体が成熟しなかったためだと考えられます。そんな人には、体内の成長ホルモンを増やすことでバストを大きくすることが可能とされています。



成長ホルモンを増やすには大きく分けてふたつの方法があります。ひとつは成長ホルモンを注射などで直接体内に取り込む方法です。成長ホルモンは、経口摂取しても効果が無く注射や皮膚に塗布することでの皮膚からの吸収でのみ効果が期待されます。もうひとつは、成長ホルモンの分泌を促すことで、アミノ酸などを経口摂取する方法と筋力トレーニングがあるとされています。



安全性ということでは、アミノ酸などを摂取することで成長ホルモンの分泌を促す方法がおススメであり、費用もこちらの方が低いといえます。



また、ラクトゲン受容体を出現させ成熟させる方法や、成熟を確認する方法はないようです。ラクトゲン受容体は、乳腺の中に出来ます。乳腺の発達には女性ホルモンが関与していることから、女性ホルモンがラクトゲン受容体の成熟にも関係している可能性が考えられますが推測でしかありません。



成長ホルモンの分泌を促進するアミノ酸は、アルギニン、オルニチン、メチオニン、グルタミンの4種が知られています。そして、体内で成長ホルモンが分泌されるのは、睡眠中であり、夜10時頃から夜中の2時頃、に一番多く分泌されます。



したがって、アミノ酸の、アルギニン、オルニチン、メチオニン、グルタミンをバランスよく摂取しながら、夜10時頃から夜中の2時頃に熟睡、遅くとも夜中の12時には就寝するする規則正しい生活を送ることが出来れば、ラクトゲン受容体が体内で成熟していることが前提で、バストが大きくなる可能性があるといえそうです。



また、筋力トレーニングをするとトレーニングで痛んだ筋肉を補修するため、脳下垂体から成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンを分泌させるためには15分程度の筋力トレーニングでよいとされています。



筋力トレーニングで成長ホルモンが分泌されるのは、筋トレ後、約3時間です。そのうち成長ホルモンの分泌がピークとなるのは筋力トレーニング後30分です。筋力トレーニング後、少なくとも1時間程度は仮眠をとると分泌された成長ホルモンでバストに効果が期待できそうです。



成長ホルモンは、バストに効果があるだけでなく、ダイエットや、肌のシワなどアンチエイジングにも効果があるとして注目されています。しかし、アメリカでは成長ホルモンを直接投与することが多いとされ、それによって、がんが増えているといわれているようです。



成長ホルモンの分泌を促す方法は、少なくとも、この点において安全性が高い方法であり、副作用などの心配も少ないといえます。

成長ホルモン 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク














×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。