ジェナティックのバストケア バストケア.com

スポンサードリンク

ジェナティックのバストケア

「ジェナティック セイノ」は、バストケアのためのボディローションです。オタネニンジン・ホップ・レモン・ダイズエキスを配合していて、これを先ず使用することで、バストに潤いを与え、バストの肌のキメを整えます。そして、バストのハリを引き出します。



「ジェナティック マクロ 2000 」は、「ジェナティック セイノ」で整えられたバストに使用することで、さらに効果を期待できるダイズ、アミノ酸、ビタミンB配合のバストケア用クリームです。滑らかな感触で、バストの肌に潤いとツヤを与えます。マッサージをしないで塗るだけでバストのハリを引き出し、魅力的なバストへと導きます。以前はニオイに問題があったのですが、改良されて非常に扱いやすくなりました。



ジェナティック社は、1977年にフランスで創立されたエステサロン専用のブランドです。創立者のアルベール ラポルテ氏は、火傷治療薬の研究をしていた細胞学者で、最新の医療法と古来からの東洋医学をベースとした独自の自然医療法の考え方を用いて開発をし、それは、ナチュラル&パラメディカルなエステティックサロンブランドとして有名で、現在、フェイスケア、バストケア、ボディケア製品が世界42カ国、5,700サロンで使用され、提供する全ての製品は、継続して行われてきた細胞学の研究の結晶であり、含まれる有効成分は、植物から抽出したビタミン、ミネラル、アミノ酸、タンパク質、そしてオイル等、100%自然から得たものです。



最大の特徴は、活性でも、鎮静でもない、肌の持つ自己回復能力を高める、再生を目的としていることです。活性と鎮静と再生というのは?・・・図式的には、活性が右にあれば、鎮静は左と、対極に位置します。



例えば、従来のお肌対策ですと「乾燥肌のニキビ」の場合、二者択一を迫られます。乾燥肌のトリートメント(肌の活性を図る)か、ニキビのトリートメント(肌の鎮静を図る)か、どちらか一方を優先して選ばなければなりませんでした。ですが、再生・肌の持つ自己回復能力を高める事を目的とした、ジェナティックであれば、乾燥肌の悩みも、そしてニキビも、同時に改善していきます。



このように、皮膚は内臓の鏡という考えに基づいた製品は、肌のトラブルに直接対応するばかりでなく、その原因にも対応することで知られています。



しかし、限界もあります。ジェナティックの目指すものは個人のポテンシャルを最大限引き出すことであって、それ以上ではないということです。壁はアルプスには成れないということです。でも、美は手に入れることはできます。オンリーワンの美を手にして見ませんか?



ジェナティック・バストケア 最新一覧 By 楽天
タグ:バストケア

スポンサードリンク














×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。