トレチノインとハイドロキノン バストケア.com

スポンサードリンク

トレチノインとハイドロキノン

トレチノインとハイドロキノンを使用することで、バストトップの黒ずみを解消する治療法があります。トレチノイン治療といいます。トレチノインとハイドロキノンを漂白したい乳輪などに塗ることでメラニン色素を排出し脱色を実現する方法です。



トレチノインは、血液中にごく微量ですが存在するビタミンA誘導体ですからアレルギー反応の心配はなく、安全な成分です。これを塗り薬として使用することで、ピーリング&肌再生効果を得ることが出来ます。さらに、強力な漂白作用のあるハイドロキノンを併用することで美白を実現することが出来ます。



トレチノインは、皮膚の角質をはがす作用を行い、表皮の細胞をどんどん分裂・増殖させ、皮膚の再生を促します。その際、表皮の深い層にあるメラニン色素を外に押し出してしまうことで、メラニン色素の排出がスムーズに行われます。同時にハイドロキノンがメラニン色素を生成する酵素の働きを抑制することで、バストトップの黒ずみをケアするとともに、黒ずみしにくい肌環境にします。



使い方は、バストトップに塗るだけです。手軽なホームケアで、高い効果を実感できます。しかしながら、トレチノインは、強力な作用のある薬剤のため、使用すると反応性の皮膚炎が起こるようです。皮膚が赤くなったり、ぽろぽろと角質が取れるなどの症状が現れます。これは、トレチノインが効果的に働いていることの証でもあるんですが、皮膚科の医師の治療を受けずに個人の判断で行うと判断を誤る可能性もあります。保険は利きませんが、医師の指導の下に治療することをおススメします。



トレチノインは、妊娠中に服用すると奇形を生ずる可能性があるといわれています。もっとも、ヒトでは、トレチノインを塗り薬で使用することが原因での奇形発生はこれまでありません。ですが念のため、トレチノイン治療中は避妊を行うようにし、妊娠をご希望の方はトレチノイン治療は控えるべきといえます。一方、ハイドロキノンは、妊娠中に使用しても問題ありません。
トレチノイン 最新一覧 By 楽天

ハイドロキノン 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク














×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。